2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.03.17 (Sat)

XF-I WANT TO BELIEVE

え?、私は今のところマニアじゃないので(笑。なるかもしれんが)DVDとかを何度も何度も見直したわけではないので、いろいろと勘違いもあるかもしれないがご了承願いたい。

今日から、『X-ファイル』主要人物について書いてみたいと思う。

また、ドラマ内容に触れる部分も多々あるので
ネタバレが嫌いな方は読まないことをお勧めします。




一回目はモルダー。





EDIT  |  14:03  |  X-FILE  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.03.15 (Thu)

XF-希望

社会現象まで巻き起こしたくらい有名なこのドラマ、
私の友達で、見たことある人はおろか、知ってる人さえいない(笑)
(そっちのほうがビックリだよん)
お友達たちはたぶん、こんな、UFOだとか、政府の陰謀だとか、ミュータントだとかいう、一種野蛮なモノはみないのであろうと推測している。

が、最後まで通して見るならば、
このドラマは人間ドラマなのだ。
マンウォッチングに非常に参考になる。

人間、「善」に生きたくても必ずしもそうは出来なかったりする。
金のためであったり、職務の為であったり、
または、人生のどこかで、上の立場のものによって不当にゆがめられてしまったが為に、「悪」に生きるしかしょうがない場合もある。

ここに出てくる人たちはみな、そういった理不尽に見える物事をきちんと受け止めて生きている。
グチグチしていない。
受け止めてはいるが、納得してるかどうかは別の話で、
だからこそ、職務を離れて、密かに「善」に力添えしたりもするのだ。

また、ドラマに出てくる主要人物は、人との距離の取り方が絶妙だ。

ベタベタくっついたり、人の悪口にせいを出したり
変におもねって自分を特別待遇させようとしたり
私の周りでも何度も見てきたコトが、ほとんど出てこない。
それが好きだ。

あまりにも普通でない内容ばかりなもんだから(笑)
話の中でフッと挿入される一見、何の変哲もないシーンがひときわ浮かび上がるように感じる。

病が癒えた時の喜び、
少しずつ深まる信頼と友情、
家族との暖かな食卓・・・・

私たちが「当たり前のこと」として見向きもしないような
生活の中のワンシーン。
極々普通の一瞬。





全編通してオカルティック&ダークな(キモイ)シーンの連続だけど

常に胸に湧いてくるものは

「希望」

なのだ。





EDIT  |  15:57  |  X-FILE  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.03.11 (Sun)

『X-ファイル』

『X-ファイル』を、やっと見終わった。


シーズン1から9まで(201話)を1月15日から2月8日まで、
一ヶ月弱で制覇した勘定。
一回もだれることなく、飽きることなく見終わった。
一話一話がテレビドラマというよりも映画的スケールなので、
かなりお金がかかっただろうなと思う。

それにしても、完結して何年も経つドラマを今頃になって、
立て続けに、一度に何本も借りる自分ってのが、
かなり、恥ずかしかった。(変なところでミエ張り)




そもそも、これを、もう一度、一話から最後まで
きちんと見てみようと思ったのには理由がある。

去年の12月25日にこのブログで紹介したサイトの内容の真偽について何かヒントになるかも。。。と思ったのがきっかけだった。

書いてある内容を疑うのは非常に失礼なことなのだが、
人生うん十年、これまでにも何度もこういったことを信じては裏切られ?を繰り返してくると、どうしてもまずは信じても、次に疑ってみるというのが身についてしまっている。

あのサイトの内容は、実のところ、私的には非常に合理的解釈であり(管理人は事実だというだろうが)これまでの疑問が一気に氷解してしまうファクターを多分に持っている。
だからこそ、全面的に信用してしまいそうになる自分が怖いのだ。

私はただの平凡な無力な一人間に過ぎず
内容を吟味、検証する方法を何一つ持たない。

なので、あのサイトを全部読み込んだ上で、
管理人のHNも考慮した上で、
まず『X-ファイル』をちゃんと見てみようじゃないかと、
そういう理由からだった。
(なぜ『X-ファイル』なのかは、頭に浮かんでしまったのだからしょうがない。理由なし。w)


結果、『X-ファイル』を見終わったからといって、あのサイトの真偽が解明されたかといえばそうでもなく^^;
でも、サイト内容と、『X-ファイル』はビミョーに一致してるよなあ・・・・とは思った。

こんなことを書くのは非常に失礼なことはわかっているけれどあえて書かせて頂くなら、
「もしかしたら『X-ファイル』オタクが妄想を爆裂しちゃって、ああいったサイトをぶちかましたのではないか??」
との疑いも、実は、ある。(ごめんなさい)

ただ、私自身、昔から「神とはなんなのか?」という根本的な疑問があって、
それが、サイト内容の通り(『X-ファイル』のとおり)

神=宇宙人(地球外知的生命体)
という定義づけなのだとしたら、

正直、私的には、ものすごく頷ける答えであるのは確かなのだ。




そんなわけで見始めた『X-ファイル』なのだけど
初めの目的以外にも収穫はあった。
それを、ボチボチ思い出しながら書いて行ければと思う。

EDIT  |  16:31  |  X-FILE  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.03.27 (Mon)

畳からフローリングへ6(終章)★できた!

21-1.jpg

21-2.jpg

というわけで、最後までできました!

わたしは半月かかりましたが、
男子なら三連休くらいでちゃっちゃっとできるんじゃないでしょうか。

で、今回、私の場合はあえて合板のフロアー材を使用しましたが、人によっては無垢材を使ってもいいし、2×4材を敷き詰めただけにしても今風かもしれません。



【今回かかった金額】

道具は省いて、資材だけの金額です。
6畳分です。

・2×4材(長さ182?)・・・@198円×16本=3168円

・グラスウール(5?厚、24キロひと巻き)・・・1巻=6980円
 半分くらい余りました

・針葉樹合板(9?厚)・・・@850円×6枚=5100円

・カラーフロアー(12?厚)・・・@880円×18枚=15840円

・杢ネジ(コーススレッド57?長)一箱=498円
     (コーススレッド51?長)一箱=498円
 杢ネジは、「スリム釘」だったかな?名前曖昧ですが、そっちを買ってください。コーススレッドより扱いやすく、下穴開けが必要ありません。値段もそんなに変りません。
それと、箱買いだとかなりかなり余ります。余るのが困る人は小さいパックをいくつか買うと良いと思います。

・フローリングの釘(ステンスクリューパネル頭)・・・#16×25?一箱(355本入り)=380円

・木工ボンド(樽)・・・828円

総計33.292円






EDIT  |  19:48  |  DIY  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.03.27 (Mon)

畳からフローリングへ5☆フロアー材敷き

itimaime.jpg

まず一枚目です。
手前に凸がくるように置きます。

heri-awase.jpg

この(家のほうの)縁がですね?。
まっすぐじゃないんですね?・゚・(ノД`)・゚・
一ミリくらいの隙間なら、埋める資材が売ってるからいいけれど
それ以上の隙間は困るんですね?。。。

カンナで削ってなんとか合わせます。
当ててみては削り、当てては削りの繰り返しです。

隙間無く納まるようならOKなので、
木工用ボンドを下板に広げて、
その上にフロアー材を固定します。

それから、釘を打つわけです。


floor-kugi.jpg

使った釘の写真です。

ホームセンターで売ってる「フロアー釘」というものを始めに買いました。
ところが、最小サイズを選んだのに、
今回のフロアー材には太すぎ&長すぎ(-_-;)

安い合板のフロアー材なので、
釘を打つ部分(凸)がちゃっちいのです。
ぶっとい釘は、凸を破壊してしまいます。

そこで探したのが、写真の左側の釘。
「スクリュー釘(または、パネルスクリュー)」といいます。
釘のアタマが小ぶりで、スクリュー部分が細いです。
(右の少々黄色いやつが、ホームセンターで買った「フロアー釘」です)

ほんのちょっとの違いなんですけどねえ。。。。
ぜんぜん違うんだよね?

スクリュー釘はネットでも手に入ると思います。
私は「○天」のショップで見つけました。


f-kugiuti.gif

釘を打つ場所の図解です。

フロアー材は、一段目手前の凸と、二段目向こうの凹が噛みあう仕組みです。
図のように、若干ナナメになるように打ち込み、
最後はポンチで、アタマを沈めます。
このとき、乱暴に打ち込むと凸が壊れますから注意します。

【部屋の「へり部分」の釘打ち】
先の二枚目の写真を御覧ください。
矢印の部分が「部屋のへり」ですね。
ここの釘打ちは、「定間隔の天打ち」です。
ナナメに打ち込むのではなく、まっすぐ天から垂直に打ち込みます。

1・半分まで打ったら、ペンチで釘のアタマを切ります。
2・突き出てる針状のモノを金槌で叩きます。
3・最後まで打ったら、ポンチで沈めます。


kugiuti-kougu.jpg

右から、大叩き用の金槌、小叩き用の金槌(最後の〆用)、ポンチの代わりに使ったドライバー。
私はマイナスのドライバーが使いやすかったです。


bondo.jpg

一段目の一枚目が終ったら、二枚目を横に並べます。
今度もあらかじめ合わせてみて、
サイズを取り、部屋のゆがみに沿って、フロアー材を削ります。


tukiawase1.gif
問題は↑図の突合せ部分。
ここも、凸と凹を結合させる仕組みなんですが、
隙間無くぴっちりと合わせるにはちょっとコツがあります。


tukiawase.jpg
↑↓このように、カンナで若干、尻すぼみになるように削ります。
本当に若干です。そして合わせてみてください。
ぴっちりと合わさり感動しますよ。笑
(注意:削るのはあくまでも凹側です)
tukiawase3.gif


nidanme.gif

二段目以降なんですが、、、、
凸凹を組ませたら、↑図のようにやると楽です^^
余ったフロアー材の端材を「当て木」として使うのです。


hanbun.jpg

と、そんなカンジで半分まで敷いたところです。



☆次が最後です。

EDIT  |  19:47  |  DIY  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。